柳 田 國 男 (やなぎた くにお)

神東郡田原村辻川(現福崎町西田原)の松岡家の六男として生まれました。日本民俗学という新しい学問を開拓し確立していきました。
昭和26年文化勲章受章
(昭和37年3月名誉町民)
松 岡 鼎 (まつおか かなえ)

柳田國男の兄(長男)。19歳で故郷の昌文小学校(現田原小学校)の校長になりましたが、志を転じて医師になりました。その後、千葉県布佐町の町長も務めました。
井 上 通 泰 (いのうえ みちやす)

柳田國男の兄(三男)。眼科医で桂園派の歌人。国文学者としても活動し、『萬葉集新考』や『播磨風土記新考』など様々な著作があります。
松 岡 静 雄 (まつおか しずお)

柳田國男の弟(七男)。海軍兵学校出身の海軍軍人。大役後は民族学や言語学の研究を行いました。
松 岡 輝 夫 (まつおか てるお)

柳田國男の弟(八男)。日本画家で、雅号は「映丘」(えいきゅう)。有職故実の研究を行い、大和絵の復興に尽力しました。
吉 識 雅 夫 (よしき まさお)

船舶工学の権威として知られ、大型タンカーの開発に携わりました。
昭和57年文化勲章受章
(昭和51年3月名誉町民)


名誉町民吉識雅夫~海そして宇宙へ~
岸 上 大 作 (きしがみ だいさく)

田原村井ノ口(現福崎町西田原)生まれ。福崎高校時代から作歌を始め、21歳で亡くなるまで歌人として活躍しました。
藤 本 煙 津 (ふじもと えんしん)

田原村井ノ口(現福崎町西田原)生まれ。本名節二。日本画や篆刻に才能を発揮しました。
内 藤 利 八 (ないとう りはち)

神東郡川辺村(現市川町)生まれ。播州地方の経済・産業発展に尽力した政治家・実業家で播但鉄道(播但線)を敷設しました。
玉 木 十 郎 兵 衛 (たまき じゅうろべえ)

長州(現山口県)出身。姫路藩に召抱えられ、福崎町八千種(余田区)に派遣されました。農業指導や土木工事を行い、地域に貢献しました。
福崎町観光協会 兵庫県神崎郡福崎町南田原3116-1(福崎町役場地域振興課内) TEL 0790-22-0560 FAX 0790-23-0687
Copyright© 福崎町観光協会 2012.All rights reserved.